ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< weed back alley street | main | 秋のボロネーゼ >>
2017.02.05 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.09.22 Tuesday

crafts Ricca in housui winery

      

                                                          「 安 部 郁 乃 」
ねぇ


動かす 10の指の 月火水木金土日 

どれだけ繰り返したら できてゆくのかな





  
                   
                                                          「 k i k i k o k o 」
 
入口から出口へ でても

出口から入口へ でても


ズキュン ドキュン でも

ドキュン ズキュン でも


どっちでも いいんだよって

一目惚れ は 常識を覆してくれてね








「 気 球 堂 」


はなまるを いっぱい描いて 渡したい

それは

100点の文字より

その横の 先生が添えてくれた 「はなまる」の方が

遥かに うれしかったから




  

                                                               「 model:Guchico 」

「 手 便 り 」

                        



「 G u c h i c o 」


水のダンスフロア

  H I K A R I 

   A T U M A R I

    F U R I  F U R I







「 t i n y ... 」


うずまりたいな この世界

どこが じゃ言えない どこものモノ







「 c o m o d o 」


シンデレラのガラスの靴は

ハッピーエンドストーリーでした。


on the glass♪ 

Like salt and pepper♪ 

A spell is cast♪ 

Happiness comes♪ 






 
「 ノ ウ ト 」


絶対なんて ないって 言う人がいる

でも 

絶対には 「 願い 」 や 「 可能性 」 が 詰まっているんです


絶対的角度と センスと 努力

素直な善し は 見事な絶対だと

わたしは そう 思います







一瞬で 全力になれる

わずかな勘だけは 信じてます。




缶蹴りのような 勘なので

着地は、、、  笑




探検や冒険 かっぱえびせんと一緒で

満足しないと

やめられなくて とまらなくて




時に 野生ライオンのように 

時に 子羊のように



勝手なほどに 一歩一歩 必死になれる

摩訶不思議な スイッチのような勘です 




忘れないようにと 貼っておいたのに

やっぱり忘れしまった

そんな 山ほどのメモ紙



もし 記憶というものが

このようなメモ紙の 集まりだとすれば

気になったとき 

興味がでたとき

自動的に 剥がれ落ち アピールをはじめ

もう一度 もう一度 と

その時のキモチへと 飛んでゆけるのかもしれません






なにかありそな その先の先を

作り手さんたちの 背景を



K I R A K I R A って してね 



紙ふぶきのように 

空高く 広く 広く 広がり

いつか 誰かの あたたかい手の平 に

舞い降りることが できたなら

すごーーく いいなぁ すてきだなぁって 思います。





ことしは これで お〜しまい

宝水ワイナリーさんでのイベント 

連休ということもあり

賑わう足音

みなさま ありがとうございました。



またここで。。


来年

おあいできる日を

楽しみにしております。




「 追 記 」

私の写真撮るぞスイッチ が 2日目の夕暮れ時に突然来たため

1日目出展の "STEPPING STONESさん” と ”ボトルコさん” のご紹介をすることができず

メチャクチャ反省中、、、ゴメンナサイ。。

でもでも!

ただいま 旭川のアートマルシェに出展されております!

ガンバレ ステッピンさん!ボトルコさん!






ただいま

宝水ワイナリー2Fにて

安部郁乃さん 「土のかけら」 展示中です


穏やかな 土の表情に こころ癒やされます

ここで 眠りたい。。



11月末まで お楽しみいただけますよ。。


 
2017.02.05 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR