ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 白と黒でガッチャン | main | news >>
2017.02.05 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.01.31 Thursday

g's 個展 『 殻 の 蓋 は 点 』



『 いくつになっても 春は冒険の 季節です 』



 夢見た昨日が 今日だとしたら

 うれしい の 訪れは まだ そのあと。。



 ふと 振り返って 気付くような

 もう おいしく食べた夢 だ。


 今が 今が

 あの時 夢見た 今?

 
 夢と気づかす

 次 次 食べてしまったみたい。 






『 虫取り網 の ように 』


 捉えたい何か を 風も一緒 に

 フワッと つかまえる。


 捕まえたとき

 風 は もういない。


 それが 役目

 お役目 ごめん。


 いなくなって できた 空間

 ”〇 対 〇”

 向き合う。

 
 ちいさくても 命 

 大事にね と 教えてくれる。。




『 ゴリラ は つよい 』

 
 つよければ つよいほど

 やさしい。

 やさしければ やさしいほど

 つよい。

 ゴリラの鼻の穴は まるくて 大きい。

 まるくて 大きいものは

 なんて かわいい。。


 まるくて おおきいのは 地球

 
 そんな ゴリラからの しりとり ではない

 連想ゲーム。。


 無駄なようで 無駄ではない

 これが アイデアに なる。。




『 toya さん へ いく 』

 
 いい出会いを いいカタチとして

 思い出に残る 感謝の個展をする。。


 どうだ!!! 

 みたいなのより

 どうぞ!!!


 やれ!!!

 じゃなくて

 やる???


 自分に対する

 一文字違いの ニュアンスという おもしろさ を入れつつ

 愉快な挑戦を してみたい。。



 一人でも多くの

 お目目が こっちに向いたら

 喜びと緊張で パッキパキになるけれど

 きっと その時が

 いつか わたしの夢見た 今日だと思う。。


 
 緊張している その時が

 次への一歩。。


 
 まさに 夢に見るほど 緊張している 今が

 探り探りの 道中です。。

 


 あとは。。


 かっこいい 生き方が 飛んでいたら

 いっぱい 駆けて 虫取り網で

 捕まえたい。。


 
 蜂 でも バッタ でも トンボ でも いいけれど

 できれば わたしは 蝶 が いい。。

 
 な〜んて。。。



というわけで

こういう感じが g'sの世界。


「 わって ひろがる 世界です。 」


2013.3.15(fri) - 20(wed)

 g's 個展 『 殻 の 蓋 は 点 』


 
 いままで toyaさんにて 作品を手に取ってくださった皆様に

 感謝をこめて 6日間 京都へ参ります。。


 
 toyaさんのお店OPENより

 委託にてお世話になり

 2年が経とうと しています。。


 ちょうど個展期間中

 一緒にOPEN2周年を 迎えれることもまた

 とっても光栄です。。


 ほんと自分の要領の悪さから

 なかなか納品できない私を

 いつも あたたかく 応援してくださる

 toyaさんへの 感謝。。

 個展というカタチで

 恩返しができればいいなぁと 思っております。。

 

 
 桜咲く 春の京都

 ウキウキな季節です♪

 

 


そして 2日間限定で WorkShop も 開催いたします。



 革でつくろう 『 365日ニコニコ虫 』 

   3.17(日)  14:00〜(2.3時間程度) 定員2名 

   3.18(月)  14:00〜(2.3時間程度) 定員2名

 
 ☆ 参加費 : 4,000円


 ☆ 内   容 : 革を切る 、 穴をあけてロウ引きした糸で縫う など

           一通りの工程 を 体験することができます。


 たのしくつくりましょう ということが 何より大事なので

 お気軽に ご参加いただければと 思います。。


 募集につきましては

 個展の1か月前くらいから

 toyaさんのHPにて 募集を致しますので

 もう少々 お待ちください!!!






『 殻 の 蓋 は 点 』


個展タイトル の この言葉。


決して わかりやすいタイトルでは ないし

ん???って なるかもしれないけれど


g's として

革の世界が広がりはじめた 「 きっかけ 」 というのが

革への 点の 刻印でした。


だから どうしても 入れたい ”点” という言葉

そこには 

やさしさ と まるみのある作品でありたいという

”表現” を 伝えたかったので


そこでイメージしたのが ”殻”

ものづくりの 卵の中身って

割ると 何が 入ってるの???


 「 そんな興味 」


”点” ではなく ”殻” という字を もってくることで

ただのチョンっていう ”点”が

見る方向によって

いろんなカタチあるものが イメージできたり


遠くからは ”点” に 見えるものが

実は 近づくと 思いもよらないカタチだったり


 「 歩み寄ることで 見えてくる世界 」


そして


 「 割って 広がる 世界 」



見てもらうまでは 内緒です

という意味を込めて

”蓋” という字を 添えてみました。。



原点 を 大切にすること

これを 大切なテーマとしました。。





ブラウン から カラフル へ


 「 革 が 可愛かった 」


そういってもらえると

嬉しいです。。




 『 個展は 感謝の 時間です 』




                   おしまい。。

2017.02.05 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR